42 【傷跡】……のマメ話

                   42 【傷跡】……のマメ話

              偉い人の椅子は、背もたれが高い……というイメージあり!



あれ? 3日リズムじゃなかったでしたっけ? と驚くそこのあなた……

形に囚われてはいけませんよ(笑)

と、いうことでマメ話42話目。


「どうぞ、お座りください」

「失礼します」


江口は、秘書室は別にあるのだが、社長と行動を共にすることが多い自分は、

この場所に控えていることが多いのだと話し出した。

奥の部屋が社長室になっているが、勇は取引先の企業主と会うため、

別の場所に行っているという。

(42 Scar 【傷跡】本文より……)



結婚する前、この私も一応『会社勤め』をしておりました。

その会社には、『社長室』がありまして、

普通の社員達が動く場所とは別フロアになっているというものでした。


が、今はどんどん様変わりしているようですね。

IT関連企業などだと、若い社長さんも多く、

豪華な机に豪華な椅子などというものは、もったいない、合理的ではないという理由から、

避ける人たちも増えているようです。

ドキュメンタリー番組などで、密着取材などをしていると、私好んで見てますね。

意外に、創作のヒントがあったりするものです。


『社長なんだぞ』


と、ふんぞり返る時代は、終わったのかなぁ……

テレビに出ていた若い社長さんも、『東京は電車が一番速くて、正確だ』と、通勤は電車でしたからね。


いやいや、しかし、私が勤めていた会社の社長も、なかなかな人でしたよ。

麦わら帽子で廊下を歩いている人がいたので、掃除の方かと先輩に聞くと、それが社長でしたから(笑)


ももんたさん、どんな会社に勤めていたのかしら? と思ったあなた。

ここだけ話すとおかしいけれど、仕事はみなさんちゃんとしていましたよ。


って、当たり前か。




ここであらためてみなさまにお願い……

『ももんたの発芽室』はFC2ブログのランキングに参加しています。

みなさんの『ポチ』で上位になると、訪問してくれる方が増え、新しい読者さんも増えてきます。

コメントがちょっと難しいという方は、ぜひ、ランキングポチにご参加下さい。

よろしくお願いします。




切り捨てたはずのものが、突然、大切なものだと気づく日が来る……
『Flow』は  42 Scar 【傷跡】  まで更新しました。
ぜひ、お付き合いください



小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント