ふりかえり 9

                   ふりかえり 9

                   『北島』さんはやはり『北』が似合うのです。



年末になると放送される『日本レコード大賞』。

そう、昔はね、このレコ大に出た歌手のみなさんが、そのまま紅白へ移動するというのが名物でした……


『Green Days』が進行中の1991年当時は、

レコード大賞がポップス・ロック部門と演歌に別れていた年で、

その演歌部門で受賞したのたが『北島三郎』さんの北の大地でした。


北島三郎さんの歌、生で聴いたことありますか?

私、あります(笑)


年齢的には、ファン層からずれていると思いますけれど、

たまたまいただいたチケットが近くで行うものだったので、出かけたんですよ。


『どうせ暇だし……』


くらいの気持ちでね。


いやいや、しかし、さすがに大御所、素晴らしかった。

歌を聴いて鳥肌が立ったのは、今も昔も、北島さんだけです。


見回すと、お客様の年齢層はさすがに高かったですね。

場違いのところに来てしまったという感はありましたが、

それより驚いたのは、会場へ向かう階段でした。

私は歩きやすいので階段の真ん中を進みましたが、他のみなさんは手すりを持ちながら、

端をゆっくりゆっくり進んでいて……


そうか、そうだよね……と、妙に納得した記憶があります。


12月になると、また『紅白』の発表がありますね。

おそらく北島さんは今年も出られるのでしょうが、

年越しそばの準備をしながら、もう一度生の歌声を聞いてみたいな……といつも思う私です。

あのこれでもか! と舞う紙吹雪、あれがないと1年が終わる気にならないんですよね。


『与作』、本当によかったですよ。



【本日更新《4-1》】『Green Days』を美咲側から……
『Green Days Another Story』はじわじわ進行中!
こちらからどうぞ(出来ない方は、左のリンクから……)




駿介と美咲の恋は、不器用だけれどやさしくて……
『Green Days』はこちらから……

Green Days

小さな幸せ、大きな喜び!
1日に1回、励ましの拍手とランキングポチ、よろしくお願いします。

コメント

非公開コメント