またまた、おつきあいください

                       またまた、おつきあいください
              今回の主人公は、毎日数字を追い続けている女……なのです。




ひとつが終わると、ひとつが始まる『ももんたの発芽室』ですが、

今日から開始する創作は、『星の降る夜に』というタイトルです。


主人公は『東日本銀行』に勤める女子行員、米森歌穂32才、独身。

それなりの恋愛経験があり、複雑な家庭環境あり……そこにからんでくる2人の男。


『銀行』って、ちょっと特殊っぽくないですか。

誰もが訪れるけれど、お金がからんでいることもあり、開放的ではないですよね。


昔、少しだけ関わったことがあるので、そのあたりの経験も生かし、

さらに以前行員だったママ友の世間話も生かし(笑)、私なりの感覚で、書き進めています。


主人公の歌穂がどういう女性で、男性陣がどういう人間なのかは、

ここで語らずに、本文におつきあいいただきたいのですが、今回は、1話が長い!

いつも普通に書く創作のほぼ3倍はあります。

ですので、一気に掲載ではなく、毎日分割して掲載したいと思っています。


1話が6回に分かれているので、ほぼ1週間で1話ペースになります(たまにブログでつぶやきたいの・笑)。

毎日遊びにきているよ! という方には、軽く読める長さですし、

2、3日に1回でも、十分ついていけると思います。



ですので……



ブログのトップが、創作のメインタイトルである場合が多く、いつも同じように感じられますが、

【1】 【2】 とタイトルの横に数字が増えていきます。

数字をクリックしていただくと、その回に飛べる設定にしておきますので、よろしくお願いします。


読み終えた後の、コメント、拍手、ランクぽちなど、みなさんのご協力も、引き続きお願いします。

これがないと、続けるぞ! という意欲がなくなってしまうので。


それでは、みなさんが、楽しんでくれることを願いながら……

今日もまた、ポチポチ頑張ります。





かわいくない女、歌穂に、素敵な『恋』は訪れるのか……
『星の降る夜に』は、こちらから


星の降る夜に


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやいや……

拍手コメントさん、こんばんは

子供って、予想外のことをあれこれしてくれますよね。
私も、毎日バトル、そして怒りを静めて、
『冷静になろう』と自分に言い聞かせています。

『男は憎らしくなるだけで、かわいくなくなった』

と、パート先でぼやいていたら、
店長に『男は30くらいになると、孝行するようになる』と言われてしまいました。


……今、してほしいですよね(笑)


新しくスタートした創作にも、ぜひ、おつきあいください。
あくまでも創作なので、『?』もあるとは思いますが、
そこらへんは、広く、優しいお心でお願いします(笑)