次へ続いていくでしょう

                     次へ続いていくでしょう
           一流選手たちのプレーは、国を考えず拍手出来るくらいすばらしい。



ワールドカップ

我が家はユニフォームを着て応援するほど、熱中しているわけではないですが、

それなりには気にしておりました。


『どう?』


こんな台詞が、起きてくる人の定番で、

毎朝、お弁当作りをしている時につけているのも、サッカーだった気がします。


相手が『世界』だと、負けるよりも勝つ方が絶対いいのですが、私よりも悔しいのは選手自身でしょう。

出られなかった時代から、出て行くのが当たり前になってきている今、

さらに、今ボールを蹴って遊んでいる子供たち世代には、

もっともっと、高い位置で戦ってくれているのでは……


と、勝手に想像しております。

そう、想像するのは、何でも得意(笑)


戦ったみなさんも、応援したみなさんも、お疲れ様でした。

乱れた睡眠も、元に戻るかな?


『星の降る夜に』におつきあいありがとうございます。

お話はもう少し続きますので、さいごまでどうか、よろしくお願いします。

コメント、拍手、ランクポチなどの参加も、お待ちしてます。





かわいくない女、歌穂に、素敵な『恋』は訪れるのか……
『星の降る夜に』は、こちらから


星の降る夜に


コメント

非公開コメント