20 天使のはしご 【20-5】

【20-5】

『パール』は朝から元気いっぱいで、事務所内を走っている。

目の前では、あと2日で実習を終える生田が、

ビニールボールを『パール』に向かって、投げていた。


「おはよう」

「おはようございます」


僕より少し遅れた赤石さんが、不満を言いながら姿を見せ、

新聞を読んでいた栗丘さんが、準備が出来たと社長を呼びに行く。

事務所内がすでについているストーブの熱で温かかったからだろうか、

僕はそこで大きなあくびをしてしまった。


「うわ……歩、寝不足なの? デートの次の日だもんね、寝不足になるよなぁ……」

「赤石さん」

「いいじゃないか、そのために遥ちゃんは、『パール』をここに泊めたのだろう」


そういう意味ではなかったけれど、結果的にそうなってしまった。

色々と知っている人が回りにいるのは、いいときもあるが、面倒なことも多い。


「違いますよ、昨日は終わる時間が遅かったし、天気予報がよくなかったので、
最初から奥さんがそうしろと言ってくれたんです」


寝不足の意味は、あっているけれど……


「やばい……ダメだ、俺、遥ちゃんが来たら、照れちゃうよ」

「赤石さん!」


社長が朝礼の声をかけてくれて、くだらない突っ込みは終了した。

今日は1台だけ、修理の依頼が入っている。

栗丘さんは、最後の仕上げだと、パートナーに生田を指名した。


「はい」

「今日は、お前が色々と考えて仕切ってみろ」

「……はい」


今日も一日、怪我のないようにという声をかけられ、

それぞれが担当場所につくこととなった。

クリスマス前の一日、昨日のどんよりとした空に比べ、

今日は、雨も雪も降りそうにない、冬空だ。

僕は、今年も1年、お世話になった機械や工具の整備をすることにした。

車と同じように、機材もしっかりメンテナンスをすれば、長く活用できる。


『IF WE HOLD ON TOGETHER』


気付くと、僕はこの曲をハミングしていた。

昨日のコンサートで、聴けるとは思っていたなかっただけに、

『TEA』さんにとっても、相当思い入れのある曲であるのだとわかり、

なぜだか嬉しくなった。



『みなさんは後悔をしたことがありますか』



そういえば、『TEA』さんの後悔とは、どういうものなのだろう。

『仕事にプロ意識』を持つことと、以前『スレイド』で会ったときに、話をしてくれた。

厳しい道を歩むとなると、失ったものも大きかったのだろうか。

『天使のはしご』を伝ってと言っていたけれど、

僕と同じように、大切な人を亡くしたのかもしれない。


「ふぁ……」


12月とは思えないくらいの温かい日差しに背中を照らされて、

僕はまたあくびをしてしまう。


「俺も頑張ろうっと、明日……」

「ん?」


後ろを赤石さんが通っていたことに気付き、

僕は立ち上がると、少し体を動かすことにした。





その日の昼休み、『パール』を預けていた遥さんが、工場に顔を出した。

『パール』は迎えに来てくれたことが嬉しいのか、遠吠えに近い声を上げている。


「あらまぁ、いいじゃないのよ、遥ちゃんと少しくらい離れていたって」

「すみませんでした」


彼女の顔は、今朝のまぶたが重そうな表情ではなく、スッキリとしているように見えた。

僕は鼻を軽くこすり、自分の弁当を開ける。


「よかったってね、歩が言ってました」

「はい。森中のおじ様にお礼を言おうと電話をかけたのですけれど、
朝から会議で忙しいみたいで、つながらないのです」


そうだった。

僕はすっかり伯父に挨拶をすることを忘れていた。


「あ……そうだ」

「今日は一日打ち合わせみたい。延岡さんには一応伝えてくださいと話したけど」

「あぁ、ごめん。僕はすっかり忘れていて……」

「なんせ、寝不足ですから、歩は……」


隣で無神経なセリフを言い出す赤石さんの足を、

気付かない振りして踏みつけながら、立ち上がる。


「イテ……」

「あぁ、すみません」


僕は湯飲みを持ち、急須の場所まで行くと、お茶を注いだ。

遥さんは、持ってきた紙袋から、何やらかわいらしい箱を取り出している。


「何?」

「今朝、作ってみたの。何度も練習したから、大丈夫だと思うけれど、
歩さん、先に食べてみてくれる?」

「……うん」


カップケーキを焼き、チョコレートやクリームでデコレーションがしてあった。

小さなツリーをイメージするような出来栄えになっている。


「……ダメなら、撤収します」


僕は、彼女から渡されたケーキを一口食べてみた。



【20-6】

冬は寒く、雪は冷たいけれど、
信じる心があれば、怖いものは何もない……はずだから。
1日1回、読みましたの拍手、ランクぽちもお願いします(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


コメント

非公開コメント