ペンギンになった私

ペンギンになった私

この痛み、味わった人でなければ、わからない……



普段は、仕事のこともあり、ほぼ『スニーカー』で生活をしている私ですが、

先日、子供の学校に行くことになり、スーツ姿だったため、

久しぶり、本当に久しぶりに『ヒール』のある靴を履きました。


久しぶりとはいっても、そこは自分の靴。

そう、元々、合う靴を購入していたわけですし、まぁ、慣れたらそれなりに……と思っていたのに、

いやいや、途中で『靴ズレ』状態になってしまいました。


『あれ? かかとが……』


と思った時に、すぐ手を打てばよかったのに、


『まぁ、ちょっと学校に顔を出して、帰るだけだし……』


と、甘く考えてしまい、少しの痛みを我慢しているうちに、

ついに、歩き方が『ペンギン』のようになってしまって。

歩くというより、引きずる? いや、軽く跳ねる?(笑)


いやぁ参りました。

駅に向かわないとならない体は、心の訴えを支持したのか、

薬局へ向かい、『絆創膏』を購入。

デパートの化粧室になんとか入り、痛い部分に貼り付けた、貼り付けた(笑)


普段、子供が部活で擦り傷などを作って帰り、『お風呂でしみるな……』と言っているのを聞き、

『何を言っているのよ、グッと我慢しちゃえば、すぐに慣れるよ』と精神論を展開している私ですが、

自分は靴ズレの足を浴槽に入れた瞬間、


『ギーッ』と叫びそうになりました。


あの感覚も、そう、久しぶりでしたね。

大人になると、皮膚に傷がつくようなこと、あまりしなくなりますから。

みなさん、履き慣れない靴には、気をつけましょう。



さて、『ももんたの発芽室』も10月23日で、『7周年』を迎えます。

がしかし、今は、連載中のものを進めるのでちょっと精一杯でして、

記念創作を作る時間がありませんでした。すみません。

とはいえ、こういった機会でないと、みなさんにご意見もなかなかうかがえないので、

近日、アンケートのご協力をお願いしたいと思っています。

また、そんな季節が来たなと思いながら、ご参加ください。

『Dressing』も、エピソードを積み重ねながら、本筋、本題に近づいております。

これからも、応援、よろしくおねがいします。





まるで正反対の二人が、反応し合うとき……
そこに生まれる『Dressing』の味は……
『Dressing』は、こちらから



みなさんのコメント、拍手、ポチなど、お待ちしてます。

コメント

非公開コメント