44 駆け引き 【44-4】

【44-4】
次の日、あらためて社長から、今回のことが社員たちに語られた。

4つ注文するよりも、24にした方がコストを抑えられると考えた小菅さんの、

フライングともいえるミスだったが、『ガーディル』も口約束とは言え、

購入の意思を出していただけに、社長は仕方がないことだと結論付ける。


「ともかく、うちにとって幸いなのは、小菅のこのデザインは流行りものではなく、
長い目で営業する価値があるものだ。
工場にも組み立ては待っていてもらえるように交渉してあるので、
無理な売り込みはせずに、しっかりと価値を伝えて欲しい」

「すみません、本当にみなさんにご迷惑をおかけして」


小菅さん。

これ以上、下げようがないくらい、頭を下げている。


「小菅、謝罪は1度だけにしておけよ。
お前の一度の失敗で、あまりにも深く謝罪されると、
他のメンバーは頭の下げようがなくなるぞ」


社長の、社長らしいセリフ。

そう、誰もがみんな同じ事を思っている。

小菅さんに世話になっていないと思う人なんて、この中にはいないから。


「お前は今まで『DOデザイン』を支えてきてくれたのだから。
何も下を向くことなどない。それより、大事な時期だ、体に無理の無いように、
それは頼むぞ」

「……はい」


伊吹さんも、塩野さんも何も言わず、その日の朝礼はそこで終了する。

『DOデザイン』の一日が、また始まった。

私と折原さんは、動き出した『FREE』のデザインを作るために、

それぞれアイデアを持ち寄って、奥のテーブルで話し合いを開始する。


「価格的に材料はここまででしょう」

「そうですね。購買層を見ても男性の方が圧倒的に多いはずですから、
手入れのしやすさを考えても」

「だとすると、どれだけデザインと色で変化をつけられるか……ですね」

「うーん……」


低価格の方は、無理に『木』にこだわる必要はないので、

扱いやすさを重視した。しかし……


「軽すぎます」

「軽い?」

「『FREE』の広告を見ても、ブランドは結構高いところのものを取り扱いますし、
本当にお安く済ませるつもりなら、ホームセンターで買っておしまいにするでしょう」

「ホームセンターか」

「それを、『FREE』のイメージで家具を揃えさせるわけですから」


全体的なイメージや形は、折原さんがどんどん出してくれた。

私はそれを見ながら、より具体的になるよう、意見を乗せていく。


「では、こういうことでは」

「それは無理です」

「無理? 簡単に言いますね」

「簡単には言っていません。折原さんこそ、予算も考えずに色々と振りすぎです。
折原さんの思いを全て納めるには、材料費も2割増しますよ」

「2割増す? でも……」

「無理です、この部分は決定です」


何を言っても、跳ね返してくれるとわかっているから、

だから遠慮なく言いたいことが言える。

互いにイメージをぶつけあった時間と日付はあっという間に過ぎ、

デザインを考え出してから10日が過ぎた。





「いらっしゃい……」

「私、『とろりんオムレツ』」

「あ、私も」

「私は『エビスパ』」


その日のランチは、道場さんと優葉ちゃんと私の3人だった。

聖子さんに注文を済ませ、空いているテーブルを見つけると、それぞれが座る。


「小菅さん、大丈夫かしら」

「そうですよね」


あの事件以来、小菅さんは体調を理由に、休みを取ることが増えた。

カレンダーも11月を目の前にしているし、年末で退社することになるのだから、

大きな仕事を受け持ってはいない。

だから、ゆっくりしてもらうことに何も抵抗はないのだけれど。



あんなことさえなければ。



「このまま小菅さんが、申し訳なさそうに辞めるのかと思うと、
なんだか辛いですね……」

「そうよね」


同じデザイナーという立場を持つ、私と道場さんは、

自分にも絶対に起こらないとは言えない失敗なだけに、

小菅さんの気持ちを思うと、ため息ばかりが増えていく。


「高梨さん、やり方がえげつないなぁ……、本当に」


商売なのだから、契約に判を押させた方が『勝ち』と言う事はわかっている。

でも、長く使うものを売るのだから、気持ちも付いていかないと、

満足してもらうことにはならない気がする。


「小菅さんが辛いのもありますけれど、でも塩野さんも……辛いんです」

「塩野さん?」

「たぶん……ですけど」

「たぶん?」

「はい。社長……どうも塩野さんと住むマンションを、買う予定だったみたいですよ」

「マンション?」

「はい」


優葉ちゃんは、2日くらい前に不動産屋から電話が入ったことを話し出した。




【44-5】


《 Dressing人物紹介&豆知識 》

【小林蘭子】
実力派の舞台女優。
知花が作った『ジュエリーボックス』がお気に入りとなり、
雑誌の取材なども、積極的に受けてくれた。

コメント、拍手、ランクポチなど、お待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2782-afb40edf

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>