46 孤独な目 【46-3】

【46-3】
「まぁ、いらないと言うのでしたら、それでも結構です。
俺は、欲と合理化に走っている今のあなた方が出すものよりも、
うちのものの方がいいと考え、『正しいこと』をしに、ここまで来ただけです。
さぁ、長峰さん、帰りましょう」


折原さんは立ち上がり、高梨さんに頭を下げると、ソファーの後ろを歩いていく。



「……行きません」



このままここを出て行くわけにはいかない。

私は立ち上がり、高梨さんの足元に散らばってしまったデザイン画の紙を、

拾うことにした。


大切に描き進めたものだから、この場所に残していくのは嫌だ。


「長峰さん……」

「どうしてこんなことをするのですか。折原さん、話が違います」



『デザイナーとして』



折原さんは、そう私に言ってくれた。

あくまでも一人のデザイナーとして、高梨さんに言いたいことを言うと。

だから私は、社長や伊吹さんに何も言わず、ここまでついてきた。


「長峰さん、そんなもの拾わないでください」

「嫌です……」


頑張って描きあげた。

『FREE』の読者たちが、楽しい新生活を送るために、

それを演出する家具たちを、自分なりに必死に生み出した。

彼らを表に出せなかったのは、私たちの勝手な理由。

こんなところで、破り捨てられて終わってしまうなんて、あまりにもひどすぎる。


「長峰さん……」


何を言われても、バカにされても、この紙だけは残せない。

高梨さんの足と、紗枝さんの足。

その横を這いながら、なんとか散らばった紙を封筒に入れる。



背中越しに扉が閉まる音が聞こえた。おそらく……



「紘生……出て行ったわよ」



私は、持ってきた茶色の封筒の中に、小さくなった紙を入れながら頷いた。

紗枝さんに言われなくても、折原さんが出て行ったことはすぐにわかる。

言うことを聞かずに、勝手な行動をしたと、怒ってしまったのかもしれない。

それでも……


「私も、これで失礼します」


二人の顔を見ることなく、私は自分のバッグと上着を取った。

これでは、何をしに来たのか……


「長峰さん」

「はい」

「折原さんに伝えてください。10日後のプレゼン、出てくるようにと」



プレゼン……



「あの……」

「あれだけバカにされて、このまま勝負を避けたら、
向こうが言いたいように言うでしょう。『コンスタン』は『DOデザイン』が怖くて、
そんな条件を出したわけではありません。あなたがたに勝つ自信がないから? 
冗談もいい加減にしてくれ」


高梨さんは、自分が『FREE』に連絡を入れるので、

必ず出てくれとそう念を押してくる。


「高梨さん、そんなことは無理です。無理だとわかって、そう言われるのですか」


同じデザイナーなのだから、仕事にどれくらいの時間がかかるのかくらい、

わかっているはず。


「長峰さん。大芝居を打っているのは折原さんのほうですよ」



『大芝居』



確かに、ここへ来てからの折原さんを思うと、そう言われても仕方がない。


「それに、無理ではないでしょう。ほら、長峰さん、あなたの手の中に、
まだ、デザインはあるのだし」


茶色の封筒。

破かれてしまったデザイン画。


「彼は、ここであれこれ私に文句を言って、それならプレゼンに出てくればいいと、
その言葉を導こうとしている。そう、わざと怒らせようとした。
いいですよ、その挑発に乗りましょう。それを持ち帰って、作り直せば済むことだ」

「いえ……」


そんな……

これを出してしまった折原さんが、そのまま使うなんて、考えられない。

高梨さんも、それをわかっていて、わざと言っている。


「ただし、破く前に見た雰囲気ですと、うちの方がどう考えても上ではないかと、
そう思いましたが」


10日後に2種類のアイデアを作り上げてプレゼンに出て行くなんて、絶対に無理。


「あ……」


私の手の中から、紗枝さんが茶色の封筒を取り上げた。

返して欲しいと話すが、紗枝さんは首を振る。


「私も高梨さんの言うとおりだと思う。
ここまでしたのだから、紘生にも考えがあるのでしょう。これは私が預かります。
もし、同じものを出してくるのなら、私が認めないと、そう紘生に言っておいて」

「紗枝さん……」

「紘生がやれるというのなら、やればいい。自分の力で歩むのだと宣言したのだから、
もう、何も助けないし、間にも入らないから……」


紗枝さんはそう言うと、封筒をバッグに押し込んでしまった。




【46-4】


《 Dressing人物紹介&豆知識 》

≪Dressing 豆知識≫
木材は材木の中にある精油成分により、それぞれ特有の香りを持ちます。
ヒノキやヒバは抗菌、クスノキやヒバは殺虫、
ヒノキやスギには、防ダニの効果があると言われています。

コメント、拍手、ランクポチなど、お待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2794-d41394db

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>