53 過去と未来 【53-4】

【53-4】
「あ、えっと……」

「いいですよ、無理に呼ばなくても」



『紘生……』



本当は、そう呼びたいと思っていたはずなのに、

知り合ってからの関わりが長いからだろうか、

向かい合って、名前を急に呼ぶのは、こんなに難しいだなんて。



その日の晩酌は、1本が2本になり……

なんだか、自分自身の頭がポーッとしている気がして、

何が楽しいのか、おかしいのか、

とにかくよく笑っていたことだけは覚えているけれど。



「ねぇ……ねぇ……」

「何?」


話していたことがおもしろかった……そう、そのはずだけれど。

記憶があるのは、この辺までで……



次の日、目覚めた折原さんから聞いたことは……



『紘生……』



という名前を、私はベッドの中で、連呼だったらしく……


「ウソ!」

「ウソじゃないですよ。人の腕をつかんで、紘生、紘生って連呼してました。
人の名前呼んで、顔を見て、ヘラヘラと笑ってましたから」

「ウソ、ウソ、絶対にウソです。そんな記憶……」

「ないというんですか」

「ないですよ」


呼んだ記憶もないけれど、呼んでいないと言える記憶もない。


「いいじゃないですか、頬を赤らめての紘生……の連呼、かわいかったですよ」

「……違います」


そう、浮かれている記憶の後は、本当に何も覚えていないのだけれど、

ぼんやりと何かにすがっていた感覚だけはあって……


状況的に、向こうの言い分の方が真実に近い気がして、これ以上言い返せない。


「紘生……かぁ。毎晩酔わせればいいわけだ」

「早く食べてください」


私は食べ終えた食器を片付けながら、『折原さん』に背を向けた。



でも……



「知花、そろそろ出よう、カギは?」

「あれ? カギ? 紘生、持ったでしょ」


酔った勢いが幸いしたのか、数日後には、意識することなく、

家の中では、互いの名前を呼び合うことが出来るようになっていた。





『DOデザイン』

小菅さんが仕事を辞めて、伊吹さんの横には紘生が移動した。

道場さんの場所は変わらないけれど、紘生がいた場所に私が入る。

『デザイン』担当の4名は、それぞれの机に座ったまま、会話が成り立ち、

社長を含め、何かが動くとき、その場所に五角形が出来るようになった。

伊吹さんが、一番頼りにする存在。

紘生は、この会社の新しい看板を、背負ったということで……


「あぁ、そうだよね、ありがとう」

「いえいえ、『白』にこだわるなら、こういう手もありかなと」

「うん、ありだと思う」


伊吹さんに相談した出来事が、さらに道場さんへ回り、

私はまた新しいアイデアを得ることが出来た。

全ての家具を『白』で統一したいという工藤美貴の希望。

素材に気をつけていけば、可能になりそうだけれど。


「はい『DOデザイン』でございます。はい、少々お待ちください」


優葉ちゃんは受話器を保留にし、私に電話だと声をかけてくれる。


「電話? 誰」

「羽田太一のマネージャーさんだそうです」


『羽田太一』

今回の仕事のもう一人といえる出資者。

母親の工藤美貴から希望を聞けばいいと言われていたけれど、何かあるのだろうか。


「もしもし……」

『長峰さんでしょうか』

「はい」


電話の相手は、確かに『羽田太一』のマネージャーだった。

彼は、工藤美貴が出してきた娘さんのトータル家具の希望は、

全て却下して欲しいと、急に言い始める。


「却下? いや……あの、でも」


今更却下とはどういうことだろう。

もう、おおまかな流れも、出来上がりつつあるのに。


『申し訳ございませんが、今回、仕事をお願いしようと決める前に、
どういうものにするのか、太一の方から美貴さんには話をしたのですが、
何をどう気持ちが動いたのか、予定外の話をしてしまったようで』


突然の展開だった。

羽田太一からすると、二人でどういうものにするのか話し合っていたはずなのに、

昨日聞かされた内容は、

あまりにも違っていて無視出来なくなったと、そういうことらしい。


「あの……」


私は、訂正があるのならまだ可能だけれど、工藤さんの意見はどうなのかと、

一応確認する。難しい『白統一』について、やっと意見がまとまったのに、

ゼロからやり直しといわれると、本当に疲れが出てくる気がする。


『それでですね……』


私は話しの内容を聞き、『わかりました』と答えると、受話器を置いた。




【53-5】


《 Dressing人物紹介&豆知識 》

【高橋都】
『青峰大学』の講師を務める女性。
紘生が学生時代、お付き合いをしていた人で、女優の『工藤美貴』に似ている。
家族に対する悩みを持ち、複雑な日々を送ってきた。

コメント、拍手、ランクポチなど、お待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2841-9242d8d8

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>