54 小さな依頼 【54-4】

【54-4】
「昨日ね、母から電話があったの。電車の旅だから、
もっとこう窮屈なのかなと思っていたけれど、本当にゆったり出来るし、
食事も美味しいって……」

「そう……」

「うちの父は、どちらかというと愛想のない方だけれど、
同じように旅行しているご夫婦と、食事の時にあれこれ話したって」

「うん」

「紘生が推薦してくれたコースに決めてよかった」


どうしようかと迷ったけれど、意見を聞かせてもらってよかった。


「そうか、九州の旅行スタートしたんだ」

「うん」


紘生は持っていた新聞を閉じると、テーブルの端に置く。


「知花の両親は幸せだね。子供たちに旅行をプレゼントしてもらえるなんて」

「……そうかな」

「そうだよ、親としてしっかり役目をこなしてきたから、君も弟さんも、
そういう気持ちになれるわけだし」


紘生はカップを持つと、それを流しに入れた。

私も食事を終えて、時計を確認すると、洗い出す。


「ねぇ……」

「ごめん、今日は先に出ていいかな。俺、ちょっと寄り道してから行く」

「……あ……うん」


『寄り道』

朝からどこに行くつもりだろう。


「何? 業者との打ち合わせ?」

「いや……ちょっとデザインを直したところがあるから、『青峰大学』に行く」



『青峰大学』

高橋さんのところに行くのだろうか。



「わかった」


私は流しのお皿を洗いながら、少し大きめの声で返事をする。

結局、また……



深く知ることが出来なかった。





紘生以外のメンバーは、今日も決まっている仕事をひとつずつこなす。

私は『FREE』のコラボが順調に進んでいることを確認し、

茶色の封筒に入れたデザイン画を、あらためてデスクに広げてみる。


『小さな依頼人』、菜々ちゃんの希望である『まあるいテーブル』。

ちゃぶ台のデザインを自分なりにまとめ、

羽田太一と工藤美貴の事務所宛に送ったのが、今から3日前のこと。


菜々ちゃんがここへ来たことは、おそらく二人ともわかっているだろう。

ちゃぶ台をリクエストした意味を、感じ取っているだろうか。



『親としてしっかり役目をこなしてきたから、君も弟さんも、
そういう気持ちになれるわけだし』



誰にでも『親』はいるのだけれど、誰でも同じ『親』ではない。

私はその日も定時に仕事を終えて、一人で部屋へ戻る。

駅前にあるスーパーで買い物をしたあと、ビニール袋を揺らしながら、坂を少し下る。


「あ……長峰さん」


声に振り返ると、愛梨さんが手を振りながら、小走りで向かってきた。

かわいらしいピンク色のバッグが、一緒に揺れる。


「おかえりなさい、ひとつ持ちましょうか」

「大丈夫よ、これパンだから軽いの」


愛梨さんに向かって、パンの入ったビニール袋を軽く揺らす。

引っ越してきてから、スーパーの中にあった手作りパンの店が気に入って、

よく買っている。


「そうですか」

「うん……愛梨さんも大学から今戻ったの?」

「はい。勉強……と言いたいところですけれど、サークルが忙しくて」

「へぇ……」


愛梨さんは、『シネマサークル』に入っていて、

昔の洋画などを見ながら、自分たちで翻訳をしてみるのだと言う。


「翻訳をするの?」

「はい。字数にも制限があるんです。
人の目が数秒間に追いかけられる文字数は決まっているので。
吹き替えなら声だけなので、ある程度の長さで言葉を作れますけど」

「へぇ……」


私の英語力は、ほぼゼロに近い。

挨拶を交わした後、どうしたらいいのかわからなくなるのに。


「あ、そういえば、先生のタンス、難しそうですね」


愛梨さんは、何回か大学で紘生の姿を見かけたと、教えてくれた。

私は、注文家具は、お客様の気持ちを表現するのが難しいのだと、話をフォローする。


「あぁ、そうなのですか」

「既製品では満足できないからこそ、高いお金を払って注文してくれるわけでしょ。
本当にお客様が満足するものを作らないと、家具はすぐに買いなおすものではないしね」


いいものを使い、作ったものなら一生使い続ける事だって出来る。

その分、こちらも責任が大きい。

「そうか……材料選びとか、色々あるんでしょうね。
高橋先生、昨日と今日、お休みしていて。急に有給を取ったみたいです」



有給……



『青峰大学に行く……』



今朝、大学に寄ってくると、紘生はそう言っていた。

高橋さんが昨日と今日、休んでいるというのは、どういうことだろう。

昨日も……仕事のことで会っていたはず。



終電ギリギリになるくらい、長い時間、話すことがあるのだろうか。




【54-5】


《 Dressing人物紹介&豆知識 》

【羽田太一・工藤美貴】
『心にスマッシュ』というドラマで共演、夫婦となる。
美貴と舞台で共演する小林蘭子の紹介で、
一人娘の菜々のために作る家具を、知花が担当することに。

コメント、拍手、ランクポチなど、お待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2848-ca0f6e6f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>