3 Miserable 【惨め】 【3-1】

3 Miserable 【惨め】

【3-1】


研究者として、その研究で相手にぶつかるのではなく、

関係ない人間を引っ張り出し、卑怯といえるような方法を選択しようとしている。

確かに、自分でもこんなやり方が正しいのだと、胸を張る自信はない。


「あぁ、そうだな。僕も卑怯だと思うし惨めだとも思う。でも、これが一番平等だ」

「平等?」

「そうだ……あの当時、研究が誰のもので、柿沼が何をしたのか、
准教授としてそばにいた三本松も、また同期や先輩方も何人も真実を知っていた。
でも、誰一人、あいつのしたことを間違いだという人間はいなくて、
本来なら、守られるべき僕のことも、誰も、見向きもしなかった」


岩佐教授と言う後ろ盾を無くしてから、僕は孤軍奮闘するしかなく、

研究の世界が、本来の道とは別の部分を持ち、勝手に歩いていることを知ってしまう。


「どうしてなのかわかるだろ。みんな柿沼を恐れていた。
あいつに媚を売って、いい就職先、多くの研究費用を出させること、
それを考えていたから、何も言えなかったんだ」


柿沼に逆らえば、次のターゲットは自分になる。

そこら辺の中学校で起きている『いじめ』の構図と一緒。

それを恐れている連中は、僕がどれだけ叩きのめされても、

見てみぬふりをするだけだった。


「わかっているよ、でも……」

「それだけじゃない。割り切って企業に入っても、実は同じことだった。
部長の誰と親しくなるとか、飲み会で持ち上げて、ゴルフのコンペに参加してって……
それで成績が上がるのもおかしいし、そうしないと機嫌を悪くする上司も、
みなレベルが低い」

「柾……」

「結局、この世の中は、地位と金が支配しているんだ。
あの時に、岩佐教授が亡くならなければ、僕はもっと違う道を歩んだし、
僕が奨学金を当てにするような、財力のない貧乏人でなければ、
誰が実力を持つのかさっさと判断して、あの柿沼の傘下で成績をあげていただろう」


そう、真実を訴えてみても、周りはそれを許さない。

それをこの10年、色々なところで味わってきた。


「でもな、この世にただ一つ、地位と金がものを言わない駆け引きがある」

「うん……」

「それが……『男と女』の仲だろう」


マニュアルどおり、思い通りには進まない。

心の中など、誰も表に出すことが出来ないから。


「生まれも育ちも完璧な男が、街で男に買われようと肌を出し誘う女に、
心底惚れてしまうこともある。一歩下がったところにいる人間からしたら、
ばかばかしいからそんな女は辞めろというだろう。
でも、人を好きになることは理屈じゃない、だからおもしろい」


条件だけで心は動かない。

動き出してしまったら、何を言おうが、壁を作ろうが、

危険など承知で、思いはそれを飛び越えていく。


「柾……」

「あの相馬郁美って女が、僕をどう思うのかはわからない。
そう、選ぶのは彼女だから、財力だけを比べられて、柿沼という中年男の方がいいと、
そっぽを向かれるかもしれない。それもまた相手の思いだ、仕方がない。でも……」

「でも……」

「何か、可能性があるとしたら、僕にはここだけだ」

「柾……」


届かないと思っていた柿沼の視線の中に、

入れるチャンスがあるとしたら、彼女に近付くしかない。


「気持ちさえ動かせたら、どう流れていくことになるかはこちら次第。
彼女が僕を受け入れたとしたら、そこから突き放すもよし、
秘密を知っているのだとしたら、それであいつを揺さぶるもよし……」


どういう女なのか、これからじっくり見ていけば済むこと。


「何もなかったんだ……では、終わらせない」


思いの代理でもいい。

あの男に届かない怒りの拳を、あの女にぶつけてみせる。

尚吾は黙ったままグラスに口をつけ、僕は思いをあらたにしながら、

喉に酒を押し込んだ。





午前中の予備校の景色と、午後の学習塾の二つの景色を持つこの塾は、

夜10時までなら学生たちが自由に使える席もある。

この2ヶ月間、僕は学習塾だけに関わっているので、

昼過ぎに到着すればいいのだけれど、相馬郁美は事務員のため、

主に午前中から仕事をしていた。

自習をし、環境に慣れるという事情を勝手にくっつけて、

彼女がいる時間に合わせて、出社する。


「おはようございます」

「あ……おはようございます」


全員が毎日来るわけではないので、大きなテーブルを、数名の講師が使っていく。

僕は自分の名前が書いてあるロッカーに向かうと、上着をハンガーにかけた。

小さな鏡に映る、ターゲットの顔は、どこか浮かない表情に見える。



話しかけるチャンス。



「はぁ……」

「どうしたんですか?」

「あ……すみません。朝から来週行われる実力テストの申し込みをしているんですけど、
なんだかパソコンの動きがおかしくて」


僕はロッカーを閉めると、すぐに彼女の横へ立った。




【3-2】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


コメント

非公開コメント