5 Approach 【アプローチ】 【5-5】

【5-5】


「あの……どうしてそんな話を。
山田教授は柿沼教授の信頼している弟子の一人だと、僕は思っていましたが」



信用など出来ない。

山田のことだ。柿沼のマイナスになることをするとは、思えない。



「はい、そうなんです。ですから私たちもこの話しは何かがあるのかと思い、
今、裏を取っているところです」



『僕の研究も、あいつにズタズタにされました』



そう言えるのなら、今までのこと全てを語りたい。

でも……


「なぁ、純。相手は、経済誌に名前を載せる、天下の柿沼教授だぞ。
宇野だって、そう簡単にあれこれ話せるわけがないだろう。
もう少し腹を割ってやれよ」


澤野さんも、同じ研究者としての一面を持っている人だ。

大学は違っていても、こんな現実があることくらい、わかっているだろう。


「わかってるわよ。だから今日は、私から話をしているだけなの。
宇野さんにとっては、柿沼さんの弟子である山田教授が、
こんなことをマスコミにリークしたことも信じられないでしょうし、
罠のような気分なのでしょ」


富田さんの問いかけに、僕はしっかりと頷いた。

二人の関係性を知っているだけに、にわかには信じがたい。


「それなら、信用してもらえるような話を、私からあなたにしてさしあげるわ」


信用できる話……


「山田教授の息子さんは、『MAISE』に勤務しているのだけれど、
先日、駅の構内で、女性のスカートの中を盗撮しているところを、つかまった。
実は、表沙汰にならなかっただけで、そういう行為があったのは、2度目なの。
今回は、警察が動いて、会社が処分するところまで来てしまったために、
山田教授は、柿沼教授に息子をなんとかしてほしいと、そうお願いしたわけ」


山田の息子の不祥事。

元々、その『MAISE』に息子を入社させることが出来たのも、柿沼のコネだろう。

『MAISE』は親会社『明林製薬』から分裂した企業。

柿沼は、昔から『明林製薬』とのつながりがある。



『将来有望な研究者を求めていてね。宇野、君なら特別待遇で、
受け入れてくれるそうだ』



あの時も、柿沼は僕に『明林製薬』への就職を持ってきた。

研究を全て投げ出すという条件で。



「しかし、柿沼教授は、それを突き放してしまった。
つまり、長い間、下にいてくれた山田教授の家族を見殺しにしてしまったの」


柿沼からの援護がなかったために、山田の息子は会社で処分をされた。

元々、勤務態度もあまりよくなかったために、これを理由に解雇されたという。


「山田教授は怒ったわけ。今まで散々、汚い部分に蓋をしてきたのは自分たちなのに、
こんなときに見放すなんて……って」


富田さんの話を聞きながら、飲んでいる酒が逆流してくるのではないかというくらい、

気分が悪くなった。どちらも何も正しくない。

エゴと卑怯の塊。


「だから山田さんは、柿沼さんの過去を、世に押し出す仲間に入ることにした」

「……そうですか」


もとはといえば、『盗撮』という、法律で裁かれるようなことをした息子が悪いのに、

それを庇わなかったと怒る理由も、よくわからない。


「盗撮だの裏切だの、いったい何しているんだろうな、
日本の頭脳のトップと言われる大学に関わる連中がさ」


澤野さんの発言、本当にその通りだと思う。

世の中で、今も必死に戦っているほとんどの研究者が、

自分の研究が、苦しむ人たちの助けや、

働く人たちの助けになればと毎日頑張っているのに。


その世の中を今動かせるのは、努力をしていない人たちだなんて。


「富田さん」

「はい」

「お話の内容はだいたいわかりました。山田教授と柿沼教授に、色々とあることも。
でも、僕にとっては、全てが過去のことです」


『過去』

岩佐教授が生きていて、僕の研究論文に興奮しながらコメントを残し、

仲間が周りで笑いながら、遠くて近いような未来の話をしていたあの日は、

もう過去になってしまった。

セピア色になり、思い出の一部分は、焼け焦げてしまうくらい、

元には戻らない時間。


「宇野さん……」

「全てが過去だということで……この話しは終わりにしてください」


山田の身勝手な復讐劇に、力を貸すつもりなどない。

富田さんは、僕のセリフに、何かを読み取ったのか、少し口元をゆるめる。

頭のいい人だろう。言いたいことは、きっと伝わるはず。


「わかりました。せっかくの飲み会ですもの。
一気にあれこれ語ってほしいと言うのが間違ってますよね、
今日は、こんな話しはこれで十分です」


『今日は……』

富田さんは取材用のノートを閉じると、バッグに押し込んだ。



しかし……



世の中の流れは、間違いなく少しずつ変わっている。

僕にはそう取れた。




【5-6】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2944-cf22daee

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>