6 Instinct 【本能】 【6-5】

【6-5】


「どうしたんだよ、何かあったのか。あ、そうだ、バーベキュー、
乗り切ったの?」


女子力ゼロの彩夏、苦手な任務はこなせたのだろうか。


「ダメかもしれない」

「ダメ?」

「1ヶ月くらい前から、気になる人がいるのよ。
その人が、予定外にバーベキューに来てしまって」


彩夏は、取引先で会う男性の話しをし始めた。

予定外の参加だったため、何も繕うことが出来ず、話しも進まなかったらしい。


「ほぉ……」

「私の後輩との方が、楽しそうに話してた。彼女は女子力あるから……」


焼き餅というのではないけれど、気にならないと言えばウソになる。

僕に抱かれながら、その男を想像していたのかと思うと、あの赤らんだ頬を、

つねってやろうかという気もした。


「その男に抱かれている想像でも、していたわけだ」

「エ……想像なんてしてないわよ。
言ってるでしょ、お酒を飲むと、身体の芯から柾のことしか考えられなくなるの、
それはずっと一緒」


それは僕も同じ気がした。彩夏に会いたいと思う時は、いつもベッドの中か、

長い間、仕事に集中し、その鎖が解けたときのことが多い。

高揚している自分を、ぶつけたくなるからだ。


「柾こそ、他の人のこと、考えている時あるはず」

「ん?」


瞬間、相馬郁美のことを考えた。

僕はどこまで、彼女を開くことが出来るだろう。


「さぁ、どうかな」


僕の返しに、彩夏は正直なのねと苦笑する。

将来などなく、約束した相手がいないからこそ、楽しめる時間。

『本能』というものだけで、僕らはつながっている。



あとどれくらい、こんな時間を重ねるのだろう。



いや、もしかしたら、このまま一生、終わるのかもしれないけれど。



外で救急車のサイレンが聞こえ、それが左から右へと移動する間に、

音はトーンを変えた。





「よろしくお願いします」

「こちらこそ」


正式な採用になったことで、俊太とアレンの他に、あと2名の学生を見ることになった。

今まで、空いていた時間に入ったため、相馬さんとの雑談をする時間の確保が、

難しくなる。

もちろん、俊太が来る前の時間に塾へ行き、彼女に声をかけることは出来るが、

そうなると、当たり障りのない話題しか、出すことが出来ない。


塾にいる事務員さんとたまにくる講師。

その段階から一歩進めるためには、どうしても二人になる時間が必要だ。



さて、どうそれを作ろうか。



怪しくない近づき方を探っていると、神様からのアシストが、

僕の目の前に飛んできた。

塾の机は、時間が変わると、別の生徒が使う。

その日、俊太の授業を終えて、テーブルにしまった本を取ろうとすると、

何か指に触れる感覚があった。

僕は頭を低くして、その感覚がなんだったのかと探してみる。

手に触れたのは、ノートの片方ページを切ったものだったが、

何度も書かれていた名前は、『相馬郁美』という名前だった。


俊太が来る前、午前中ここに座っていたのは、おそらく浪人生。

『B5』サイズのノート。1ページの行数はざっと30くらいはあるだろう。

その1行、1行に、何度も繰り返される彼女の名前。

最初は相馬郁美というフルネームだったのに、

途中から『郁美』という名前の部分だけが繰り返されている。



そして僕は、一番最後の文字を見て、これが何を意味しているのかがわかった。



その紙をファイルに挟み、職員室へ戻る。

相馬さんは、いつものように、仕事をこなしていた。

僕はファイルを棚に戻し、さりげなく彼女の横に立つ。

どうしたのかという視線を感じた瞬間に、挟んでいた紙を渡した。

相馬さんは、状況にすぐ気づいたようで、軽く頭を下げると、紙を折りたたみ、

ポケットに押し込んだ。


「宇野先生」

「はい」

「あの……」


僕はもう一枚忍ばせておいた紙を、相馬さんに手渡した。

ペンで書いた文字と数字は、半分に折れた紙の裏からも、

存在を確認できるだろう。彼女は納得するように紙を受け取り、すぐに席を立った。




【6-6】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2950-9f7ccd1f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>