12 Advance 【前進】 【12-5】

【12-5】


柿沼の力が大きいことはわかっている。

しかし、僕一人のことで、『ストレイジ』のシステムを敵に回すというのは、

あまりいいやり方だとは思えない。

社長は堅実な商売をしている人だ。業界、政界、知り合いもそれなりに多い。



『今度うちで食事をしませんか』



「いやいや、相馬郁美という女は、柿沼にとってアキレス腱なんだ。
どういう行動に出てくるか……」


アキレス腱。

確かに、富田さんが探っていることの何かを、相馬さんが知っている可能性もある。


「あいつが頭でも下げて、彼女との付き合いをやめてくれとでも言うのなら……」


そう、プライドを脱ぎ捨てて、ただ一人の男として、

僕に頭を下げてくるというのなら。


「『ゲーム』終了ってことだな。塾もやめて、彼女にもさようならって……」



塾をやめて……



「……だろ? 違うのか」


いや、違ってはいない。

そう、最初からそう思っていた。

別に先生になりたいわけでもないし、アレンや俊太のことも、

他に考える教師はいくらでもいる。


「あぁ……そうだな」



彼女にも、もう……



「おぉ……なんだか、人事に思えなくなってきたぞ。なぁ……」

「ん?」

「こうなったらさ、別れてやるから金を寄こせっていうのはどうだ」


金を要求するなんて……


「バカなことを言うな、尚吾。僕は最初から金が欲しかったわけじゃない。
関われないと思っていた柿沼に、頭を下げさせることが出来るのなら、それで十分だ。
深追いしすぎると、ろくなことにはならないだろうし」


戻らない過去を戻すわけにはいかない。

だからこそ、ここからまた1歩だと踏み出せるように。


「なぁ、お前、『男と女』の駆け引きだけは、予想がつかないって前に言ったよな」

「ん? あぁ、まぁな」


どんなに金を持っていようと、どんなに二枚目の風貌を持っていようと、

全て思い通りの女性が振り向くとは限らない。


「もしかしたらさ」

「なんだよ」

「柿沼のやつ、相馬郁美に、別れ話でも持ち込まれたんじゃないのか」

「別れ話?」

「あぁ、お前と付き合い始めた彼女にさ、私、『宇野柾』の方が好きになったの。
いくら金があっても、もう、中年の腹が出た親父は嫌よって」


尚吾はそういうと、妙な女性の仕草を真似た。

相馬さんは、そんなことはしないと、訴える。


「……だとしたら、どうする」

「だとしたらって」

「完全に相手がお前に惚れているとしたら、柿沼の何かを聞きだすことも出来るしさ、
いやいや、もっと焦らせることだって、出来るかもしれない」


尚吾はそういうと、目の前で両手を組んだ。

何を想像しているのか、にやついた顔をする。


「まぁ、どっちにしても行ってみろって。なんだかおもしろくなりそうだ」


僕は、無責任でいいなと尚吾をからかいながらも、

内心、同じようなことを考えていた。



とにかく、柿沼と相馬さんの間に、波風を立てたことは間違いない。

柿沼も、この状況を認めようと思ってはいないだろう。

全く知らない男ならともかく、昔、叩きのめしたと思った学生に、

『愛している』女を寝取られたとなると、気分が穏やかでいられるわけがない。



しかし……



そう、相手は柿沼。

僕の想像通り、事が動くのだろうか。



世の中に追い込まれているのはあいつなのか、それとも僕なのか……



新しく注文したサワーのグラスを持ち、何が起こるのかわからない日に対して、

あらためて乾杯の声を交わした。





『マンションについたら、電話をください』


彼女のマンションに向かう日、待ち合わせの時間は7時に設定された。

僕はその日、完全にオフだったため、のんびりとした時間を過ごし、

そしてころあいを見て支度をする。

アルコールが苦手な彼女には、オリジナルの紅茶を色々と詰めてくれる店へ行き、

3種類の香りの紅茶を、緑色の缶に入れてもらった。

地下の駐車場で車に乗り、お土産の袋を助手席に置く。

エンジンをかけ、サイドブレーキを外した。




【12-6】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/2992-77c374f0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>