16 Belief 【信念】 【16-5】

【16-5】


『今度、お見合い写真送るから。早く幸せにならないと』



結婚をする気持ちなどないと言ったのに、母に届かなかったらしい。

いや、あの母のことだ。聞こえていても、聞こえないふりをしたのかもしれない。



『幸せでした……』



忘れなければと思うのに……

何かがあるたび、思い出してしまう。

彼女は今、前よりも幸せだろうか。

せめてそうだと思い、ただ祈ることで、少し気持ちが楽になるような気がした。





「はい、宇野先生」

「ありがとうございます」


新年、初めて塾に行ったのは、10日のことだった。

藤岡さんが僕のカップにコーヒーを入れてくれる。



『私が買う担当になってしまって……』



この素焼きのカップが、僕のようだと、相馬さんは言っていた。

優しい部分と、鋭く見える部分両方があるのだと。

ここにいたら、考えないと気持ちをそらすほうが難しい。


「宇野先生」

「ん?」


いよいよ受験の近付いた吉田君が、参考書を持って顔を出した。

僕はカップを横に置き、廊下へ出る。


「すみません、今日は僕、先生の授業ではないんですけど、
自習室が使えるので、来たんです。で……」

「わからないところがあるのか」

「……授業の合間でいいんで、少し見ていただいてもいいですか」


俊太の授業と、アレンの授業。

そうその間には1時間くらいの隙間がある。


「10分後に授業があるから、それが終わったら自習室を覗くよ。
それでいい?」

「あ……はい、すみません」


本田君は頭を下げると、すぐにリュックを担ぎ、自習室へ上がっていく。

僕の視線は、自然と藤岡さんの前の机に向かった。



『宇野先生、ありがとうございます』



彼女がいたら、きっと、本田君と一緒に頭を下げているところだろう。

学生が、目一杯頑張れるようにと、いつも気を配っていた。


「さて、俊太、来るかな」


コーヒーを飲みながら、外に続く廊下を見ていると、

数分後にカバンを肩にかけた俊太が現れた。





「先生、はい」


俊太は、カバンから何やら取り出すと、これはお土産だと僕に渡してくれた。

そういえば、年末に冬休みになると講習で忙しいから、

その前に祖父母の家に遊びに行くと、話してくれたっけ。


「餃子と思ったんだけど、冷凍だとここで溶けちゃうだろ。
おばあちゃんに先生へのお土産、何か考えてって言ったら、焼き饅頭を送ってくれた」

「焼き饅頭」

「あのね、小麦粉でお饅頭のように餃子の具を包んであるんだよ。
餃子は生だけれど、これは火を通してあるし、にんにくも入っていないんだ。
あとは軽くレンジで温めれば食べられるって」


俊太は、すぐに食べないのなら冷凍して、食べるときに温めろと、

そう付け足した。地方にあるようなお店の包装紙と、

さらに巻きつけてある地方の新聞紙。

ふと、田舎にいる母を思い出す。


「レンジでか」

「うん。チンってすると、美味しいよ。僕、おばあちゃんのこれ、
すごく好きなんだ」

「うん……」


まさか、俊太が本当にお土産を持ってきてくれるとは、思わなかった。


「よかったよ、宇野先生いてくれて」

「どういう意味だよ」

「だってさ、相馬さんにも持ってきたのに、いなくなっちゃったから……」


俊太は、相馬さんはよく自分を褒めてくれたので好きだったのにと、

鉛筆を並べながら、そうつぶやいた。

子供の素直な思いに対し、どう返事をしていいのか迷うだけで、

何も言葉が出てこない。


「相馬さんならきっと、『すごく美味しい!』って、笑ってくれたと思うんだけどな」



『俊太君が、喜んでくれました……』



『海南』という難関校を目指す小学生。

親も兄も優秀なだけに、ちょっとしたことでは誰も褒めてはくれない。

俊太のそんな寂しさに、彼女がいち早く気付けていたのは、

彼女自身、病気がちな姉の影になり、いつも寂しい思いをしていたからなのだろう。


「俊太」

「何?」

「よし、次までに先生が食べてきて、感想を発表するから」

「発表? オーバーだな」

「そうか?」


久しぶりの俊太との授業だったが、宿題もしっかりとこなしていて、

苦手意識もずいぶん消えていた。このまま頑張って積み重ねていこうと、

あらためて約束することになった。




【16-6】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3017-f9bb470b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>