17 Reproduction 【再生】 【17-3】

【17-3】


「宇野さん」

「はい」

「今、どんなお仕事を」


大平先生は、富田さんのお酌を断り、自分でワインをどんどん注ぎだした。

どんな仕事をと聞かれて、一瞬言葉が出なくなる。


「どこかの研究所か、大学にでもいらっしゃるのかな」


ウソはつかない。

見栄を張っても、仕方がない。


「僕は……『ストレイジ』という会社と調査契約をしています。
新製品のデータを管理することと、さらに開発していく手助けで……」

「『ストレイジ』」

「はい。災害に強い苗作りですとか、小さなスペースで効率よく生産出来る品種など、
色々と……」

「おぉ……それはいいですね」


大学時代、研究していたものから比べると、規模も小さく、

大平先生のように、世界を相手になど出来ていない。


「やっぱり岩佐教授の教え子ですね、あなたは」


大平先生は、富田さんに、もう1本同じワインを頼んで欲しいとそう言った。

富田さんはわかりましたと答え、襖を開けて外に出る。


「最初にも言いましたけれど、人間の基本は食べること。
本当によく岩佐教授が話していましたからね。
食のバランスがしっかりしていたら、だいたい病は解決するって。
『食を極める』のは、本当に大切なのだと……」



『食を極めること』



「いやいや、先生。それは先生が生物研究の権威だから、
自分を肯定しているだけでしょうと、私は一緒に笑いましたが。
確かにそうだと、今は思いますよ。体調が悪いと、うまいものもうまくないですしね」

「……はい」


大平先生とお会いするのは初めてだけれど、どこか岩佐教授に通じるものがあった。

度量が大きくて、豪快で、でも、どこか隙がありそうで。

立場が上とか下とか、そう言った肩書きにこだわることなく、

楽しい話しは、誰とでも続けていけそうな……

お酒を注文しに行った富田さんが、席に戻ってくる。


「大平先生。宇野さんは、塾の先生もされているんです。食だけでなくて、
未来の研究者や文学者たちを、育ててますから」

「あ、いや……」

「ほぉ……塾ですか。いいですね、どうですか、今の子供たちは。
何になりたいと堂々と夢を語りますか?」


大平先生は、自分は小さい頃から医者になろうと決めていたと、

そう話し続ける。


「僕が接している子は、ほんの数人なので……」

「えぇ……その子達はどうですか」

「夢よりも、現実の中に踏ん張ることが精一杯のような感じです」


『海南合格』を絶対とされている俊太。

複雑な家庭の中で、自分の存在意義を探しているアレン。


「そうですか」

「はい……」

「宇野先生」

「……あ、はい」


急に『先生』と呼ばれて、慌ててしまった。

大平先生は、あなたも先生でしょと、豪快に笑う。


「だとしたら、先生方の役割は大きいですよ。
どうか、未来をキラキラ夢見る子供たちを、どんどん送り出してください」



『塾の講師』



話しの流れだったので、とりあえず質問に答えたが、

これも、彼女に近付くためだけのものだったので、こんなふうに言われてしまうと、

恥ずかしくなる。


「いやぁ……料理もうまいな、ここは。覚えておきますよ」

「はい。ぜひぜひ」


その日は、大平先生の豪快さに圧倒されながら、終わることになった。





『智美……』


富田さんと大平先生と別れ、部屋に戻ってからも、聞いた話の内容が、

頭から出て行くことがなかった。

ソファーに寝転がり、天井を見ると、忘れられないセリフのあれこれが、

グルグル頭の中をめぐり始める。

長い間、家族の中に埋もれるように生きてきた彼女にとってみたら、

今、初めて全てが自由なのかもしれない。

岩佐教授の娘でもなく、相馬智美の妹でもなく、



相馬郁美として……

やっと羽根を伸ばして、生き始めたということだろうか。



『楽しかったです』



気にならないといえばウソになるけれど、僕が彼女を追う権利など、

どこにもないのだから。



互いに新しい道を歩くべきだと、そう思い、

僕は彼女の幸せを、ただ黙って祈るべきだと、そのまま目を閉じた。




【17-4】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3021-dadd0d6f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>