17 Reproduction 【再生】 【17-5】

【17-5】


「何? のど飴?」

「そう、今日塾の事務員に2つもらった。ひとつは授業が終わった後になめたから、
もうひとつは彩夏にあげるよ」


彩夏は、どうしてのど飴なのよと言いながら、

少し嬉しそうな顔をする。


「年末年始と、色々あったんだ。思いがけない人と会わないとならなかったり、
考えさせられることがたくさんあって、正直、気持ちが滅入っていた」


自分の愚かさと、浅はかさと、運命という神のいたずらに、

前に進むことも、後ろに下がることも、出来ずにいた。


「申し訳ないですね。そういった時に、安らぎにもなれずに」


彩夏はそういうと、小さく頭を下げた。

僕はしおらしげな彼女のスカートの裾から、大胆に右手を送り込む。


「あ……何? もう」

「そんな謝っているのは、彩夏らしくないよ」


初めて出会ったときから、そうだった。

彼女は数名並んでいた女性たちにはない空気を持っていて、

目と目があっただけで、その奥にある思いがあふれてくるような、

そんな感覚があった。

だからこそ、二次会に繰り出す前に呼びとめ、別の場所へ行かないかと誘い出した。


「……そう?」

「うん」


身体を重ねあいながら、彩夏はずっと、不安を閉じ込めてきたのだろうか。

割り切った関係だと口では言っていたけれど……



本当は……



彩夏がカクテルを飲み干すまで静かに待ち、僕らは揃って店を出た。





荒い息を整えながら、僕は動かした脚に触れたケットを、

彩夏の方へ寄せてやった。彩夏が顔を上げたので、寒くないかと聞いて見る。


「寒くない……大丈夫」


彩夏は体を横に向け、僕の首に手を回し、触れ合った思いの残るため息を、

耳元にひとつ落とした。僕はその思いに答えるため、彼女にキスを返す。


「彩夏……」

「何?」

「なぁ、休みの日は、何をしているの」


こうした時間を持つようになって、3年近く。

彼女のプライベートを質問するのは、もしかしたら初めてかもしれない。


「休みって、仕事の?」

「あぁ……」


自分のことも、あれこれ言われたくないと思っていたので、

今まで、他人のことに興味を持つことも、避けてきた。

でも、それではいけないのだと思い始めたからなのか、ふと、言葉が出て行った。


「何よ、今までそんなこと聞かれたことないじゃない」

「……ないかもな。興味持ったら、悪い?」

「……ううん、悪くない」


彩夏の表情は、間違いなく嬉しそうだった。

本当は、割り切った関係ではなくて、ごく普通の関係を望むのではないかと、

そう思えるくらい……


「お休みの日は、ジムに通うの」

「ジム? トレーニングってこと?」

「そうよ。だって嫌じゃない。柾に太ったなんて言われたくないし」


彩夏は、日曜になると、トレーニングジムへ通い、ダンスからマシンから、

色々なものをこなすのだと教えてくれた。

彼女のような人は結構多くて、みなさん目標を持って取り組むのだという。


「女子力のない私としては、『女力』だけは磨きたいのよ」

「『女力』?」

「そう……」


朝の苦手な彼女は、朝ゆっくり目に家を出て、

コーヒーショップでブランチを済ませた後、トレーニングジムで汗を流すのだという。


「ふーん……」

「そうよ。私なりに努力をしているの……かわいいでしょ?」


彩夏は僕の胸に頭を乗せると、上目遣いでこちらを見る。

僕は、おでこについた汗ばんだ髪の毛を、そっと横へずらしてやる。


「あ……ありがとう」

「いや……」



『柾に太ったなんて言われたくないし……』



「彩夏……」

「何?」

「今度の休み、どこか行こうか」

「エ……」

「どこか、一緒に……」


それまで寝転んでいた彩夏が、急に身を起こした。




【17-6】

コメント、拍手、ランクポチなど、
みなさんの参加をお待ちしています。(@゚ー゚@)ノヨロシクネ♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3023-01da9cdd

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>