みんなひとつの花

みんなひとつの花

まとまりから、ひとつずつに……



今年も残り数日、仕事に年賀状、掃除もちょいちょいの私。

特に、大ファンではないのに、やっぱりなんだかもの悲しいなと。

『SMAP』の解散。

始まれば必ず終わるので、それは仕方がないなと思いつつも、

あらためて聴き直すと、『あぁ、聴いたな、この曲も』というものばかりで。

よくある、歌唱力が自慢の人の歌だと、その力に酔いしれていて、

ファンじゃないと、ちょっと受け入れがたいというものも多いのに、

その点、『SMAP』の歌は、歌いやすく聴きやすい、そんな気がしました。


デビュー当時、10代だった彼らも、もう40代に……

色々と理由もあるでしょうが、ここからは『第2の芸能人生』と思って、

それぞれが活躍してもらえばいいのかもね。


今日は、どこもかしこもニュースで流れていて、もうお腹がいっぱいな感じもあるけれど、

少し落ち着いたら、また聴いてみたいと思うのかも。

長い間、同じ思いを持ち続けるというのは、本当に難しいのだなと、ふと思いました。


『世界にひとつだけの花』は、自分自身精神的に辛い時、支えてくれたものだったので、

彼らに関係なく、忘れられない曲です。

これからは、それぞれが『ひとつの花』として、頑張って欲しい……お茶を飲みながら思った私です。


うん……


年末年始も、『ももんたの発芽室』は通常営業予定。

大掃除やおせちや雑煮の隙間に、どうぞ、遊びに来てくださいね。




人の数だけ思いがあるのだから、そこから生まれる『恋の模様』はきっと……
『Colors』は、こちらからお入りください!



みなさんのコメント、拍手、ポチなど、お待ちしてます。

コメント

非公開コメント