19 不安定な立場にいる女 【19-3】

【19-3】
『新町幼稚園』の盆踊りが終わり、司と文乃の再会も終わった。

文乃との再会後、司からも姉からも、大輔には『ありがとう』というメールが入った。

さらに、司からのメールには、食事に誘ってOKをもらったことなど、

自分が抜けた後のことも、細かく書かれてあった。

どうして姉が急に仕事を変えたのか、あまり世間と交流を持たなくなったのか、

今まで気になっていたことが、全てと言えるくらい一気に解決する方向に動き、

大輔にしてみると、一つ壁を乗り越えたという落ち着いた気持ちになれた。

しかし、また新しい出来事が、心の片隅に影を落とす。


昨日、盆踊り大会の後、部屋に飛び込み激しく泣いていた陽菜のことは、

何もわからないままになっている。

今日、有紗と真帆から電話があったので、

陽菜の様子を話し、励ましてあげて欲しい気持ちもどこかにあったが、

切り出すタイミングわからないまま、結局言う事は出来なかった。

大輔が風呂に入り、缶ビールを開けて濡れた頭をタオルで拭いていると、

祥太郎からの浮かれた電話が入る。

もちろん内容は『改築開始』という明るい話題だった。

祥太郎は、心配してくれたみんなに報告したいと楽しそうに話し、

数日の間に、都合がつく日を教えて欲しいと言い始める。


「8月なら、ある程度あわせられるよ。
9月の半ばから、毎年契約している雑誌の仕事が入るからさ」

『了解、了解』


祥太郎は、また詳しいことが決まったら連絡をすると言う。


『あ……大輔。司から連絡あった?』

「あぁ、姉ちゃんからも司からもあったよ。二人ともほっとしたみたいだ」

『うん……司、すぐに俺のところにも来て、思い切ってよかったってそう言っていた』

「うん」

『そうそう、文乃さんが相変わらず綺麗だったって、のろけてたしね』

「……なんだそれ」


大輔は、祥太郎が改築の話に浮かれながらも、司の心配を忘れていないことがわかり、

あらためてその優しさに気付く。


「祥太郎もありがとう」

『ん? 俺? 俺なんて何もしていないよ』


また近いうちにお店に顔を出すと約束し、二人は短めの電話を切った。




文乃とのことが動き始め、気持ちを前に向けている司と、

店の改築を許可され、いよいよだと意気込む祥太郎。

自分が苛立った気持ちを大輔にぶつけてしまったと後悔し、

もう一度謝罪することで、自分を見つめ直そうと思う有紗と、

陽菜の悲しみを目の前で見てしまい、その後を気にしている大輔。

祥太郎の役に立てたことで満足感を得ながらも、これからのことを不安に思う真帆。

それぞれは、それぞれの立場にありながら、『6人の再会』に『参加』の意思を示した。



『予定を教えてね』



6人の中でたった一人、うまく流せない思いを抱えたままの陽菜は、

『参加』『不参加』、どちらの意思も示さないまま、幼稚園への道を歩く。


「おはようございます」

「おはよう……」


盆踊り大会が終了し、幼稚園は夏休みになったので、

園児たちがあふれるようなことはなく、どこか静かな園がそこにあった。

次のイベントは、8月の頭に行われる年長の『お泊り会』となる。

夕食はお弁当を注文し届けてもらい、子供たちはそれにあうような『お味噌汁』を作る。

さらに天気がよければ、夕食後に花火大会が行われることになっていて、

その後、それぞれが持ち込んだ座布団などを教室に敷き詰め、眠りにつく。

親から離れ、友達と一緒に過ごす思い出作り。

メインは年長を担当する先生たちだが、来年のための経験ということで、

年中を持つ先生たちも、全員が参加することが決まっている。

この数日の間に、『フォトカチャ』から担当者が来ることになっていた。


「はるな先生、見て!」


玄関で靴を脱いでいる陽菜のそばに、男の子が一人やってきた。


「うわぁ……かっこいいね、一成君、作ったの?」

「うん」


男の子は紙で作った兜を陽菜に自慢すると、

遅れてやってきた友達とまた廊下を走り始めた。

職員室から副園長が顔を出し、廊下を走ってはダメだと注意する。

子供たちはすぐその場に止まり、そこからはスローモーションのように歩き出す。

陽菜が下駄箱に靴を入れ職員室に入ると、机の上に、秋に行われる運動会に使う、

遊戯用の服が数枚あった。

ほつれている箇所を直したり、毎年変化をつけるためにリボンを縫うなど、

園児はいなくても、仕事はいくらでもある。

陽菜は、その奥にある更衣室で保育士として活動する服に着替え、席につくと、

ハサミでウサギの形を切り抜いていく。

子供たちのバタバタが聞こえていた間は、視線を切り替えることも出来たが、

昼近くになると妙に静かな時間が増え、それが逆に、気持ちを揺らしてしまう。



『妊娠した……』



妻の妊娠がわかった後、それでも二人の関係を前向きに進めると宣言した瞬は、

あれからどんな態度を取り、戦っているのか。

罪のない命の存在に対して、妻はどう反応するのか、

自分には出て行けない場所だとわかっているのに、どうしても考えてしまう。

気持ちの呪縛から逃れようと、陽菜はハサミを置き、教室を出て、

屋上のプールに続く階段を上がっていく。

そこにある縦長の窓を少し開ける。



ここは、陽菜にとって、特別な窓だった。

幼稚園に勤務し始めた頃には、何も気付かなかったが、

自分が主任となり、園児がいない場所でも、こうして仕事をする時間が増えたとき、

ざわついた場所から離れたくて、隙間のような窓をのぞいたら、

いくつもの屋根と、大きな木々の真ん中に、スーッと『東京タワー』が見えた。

この場所が、もう少し右や左にずれていたら、

おそらく窓から見ることが出来なかったはずで、

偶然、この角度に窓があり、そして、その姿を邪魔しないよう、

それなりの建物や木々がつながっていること。

陽菜には、それがどちらも小さな奇跡に思えた。

今日も変わらずにその場所にあるシンボルに目を向けながら、

あらためて冷静に、自分はどうするべきなのだろうかと考え続ける。

陽菜は夏にしては心地いい風に吹かれながら、しばらく『東京タワー』を見続けた。



【19-4】

それぞれの恋の色を塗っていくと、そこに見える『Color』は……
みなさんのコメント、拍手、ポチなど、お待ちしてます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3234-d92ddc2b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>