22 切なさのマーブル模様 【22-4】

【22-4】
「それ、貼りましょうか」


陽菜は脚立の上からでは失礼だと思い、慌てて降りる。


「すみません」


大輔はカメラを下に置くと、陽菜の代わりに脚立に乗り紙を受け取った。

陽菜が届かなかった少しの高さを、大輔は余裕でクリアし紙を貼り付ける。


「これでいいですか」

「はい、ありがとうございます」


脚立から降りた大輔に、陽菜はもう写真は出来たのですかと聞いた。

大輔は『はい』と頷き、職員室でみなさん広げていますよと教えてくれる。


「そうですか……」


陽菜はそれならば、後から見ますと笑顔を見せる。


「次は、運動会ですね」


何気ない陽菜の言葉に、一瞬大輔の動きが止まった。


「そうですね。子供たちも張り切るイベントですから、吉本にはよく言っておきます」


大輔は、これからは幼稚園に来ることが出来なくなると、そう語った。

陽菜は、思わず『エ……』と声を出してしまう。


「実は毎年、秋から春前にかけて、契約している雑誌があるんです。
その仕事に入るので」

「……そうなんですか」


陽菜は、これからも大輔が撮ってくれると思っていただけに、

どこかで拍子抜けしたような言い方になる。


「すみません、いつも白井さんが来てくれるような、そんな気になっていて」

「いえ……」


大輔は陽菜を見たが、すぐに目をそらした。

カメラを持ち、それではと部屋を出ようとする。

出来上がった写真は届けた。これからの行事にカメラマンとして来ることはない。

出発まであと半月。大輔は扉にかけた手の動きを止める。


「赤尾さん」

「はい」

「今日はこれから、予定でもありますか」


大輔は、今日は仕事が忙しいのかとそう尋ねた。

大輔から、仕事後の予定を聞かれた陽菜は、

今日は定時で終わると思いますと返事をする。


「そうですか……それなら、食事に誘ってもいいですか」


大輔にそう言われ、急に誘われる理由はと考えながらも、

陽菜は『はい』と返してしまう。

二人の待ち合わせ場所は、

幼稚園のある駅から、3つ離れた急行の止まる大きな駅に決まった。





その頃、有紗は預かった書類を各部署に渡し終え、

廊下を歩き、秘書課に戻るところだった。

灰田が部屋にいることはわかっていたため、いつもの場所に足が止まりそうになるが、

水島が一緒にいることもわかっていたので、あえて通り過ぎる。

特に呼び出しがかかっているわけではないので、

何かないかと顔を出さないことにした。


「山吹さん」


秘書課に入る少し手前で、水島に声をかけられた。

有紗は、顔だけを水島に向ける。


「灰田部長が戻られています。何か飲み物をお願いできますか」

「アイスコーヒーでよろしいでしょうか」

「いつもそうならば」

「わかりました」


有紗はそういうと秘書課に入り、アイスコーヒーを運んでもらえるようにする。

手に持っていたファイルを机に置くと、その横にあった1枚の紙を見た。



『希望アンケート』



なんだろうと思い、中身を軽く読むと、秘書課が無くなった後、

どういう仕事を望むのかという、簡単なアンケートだった。

営業部に入り外にも出る仕事をするのか、総務部などに入り、

あくまでも内部の仕事にこだわるのか、有紗はその紙を見ながら、

この紙1枚で新しい仕事が決まるのかと思うと、

今までの日々はなんだったのかと空しくなる。

6人での飲み会の日、苛立ちから『華楽』を飛び出し、

追いかけてきた大輔と別れてから、有紗はまっすぐに駅へ向かったが、

そのまま電車に乗ることは出来ず、しばらくホームのベンチに座り続けた。

同じ『不倫』という状況に身を置きながら、

何も知らない大輔に心配してもらえている陽菜と、

自分の状態があまりにも違っていることが、納得できなかった。

大輔が陽菜の現実を知り、どういう態度に出るのか、

『不倫』をしているという事実に、今までのように心配し続けるのかと、

ただ、それだけで人のプライベートを勝手に話してしまった。

身勝手に振舞った自分を心配したまま、あの場所に残された真帆は、

どうしたのだろうと思いながらも、その後も謝罪の電話は出来ずにいる。



『特に希望なし』



有紗はそこに丸をつけると、秘書課の先輩に手渡した。



【22-5】

それぞれの恋の色を塗っていくと、そこに見える『Color』は……
みなさんのコメント、拍手、ポチなど、お待ちしてます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3254-86f73248

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>