27 彼の手のファインダー 【27-2】

【27-2】
「すみません、突然で」

「いえ、いいんです。でも、まさか緑川さんだと思わずに、驚きましたけど」


司は、仕事で『リファーレ』の近くまで来たのでと、有紗に電話を入れた。

二人は、会社の近くにある店で待ち合わせをする。

司は、自分ではない名刺を取り出し、有紗の前に出す。


「ごめんなさい、私自身仕事も変わりましたし、秘書課もなくなってしまって」

「いえいえ、それは山吹さんのせいじゃないですし」


司が出したのは、後輩営業マンの名刺だった。

『アモーラ』で売り出している美容液のCMタレントが、

『リファーレ』の広告にも登場することになり、

雑誌の取材で、両方の会社名が登場した。

互いに、利益になると睨んだ上司同士の話し合いがあり、

今回、広報と仕事をすることになったため、何か縁があればと思い、

司は、有紗に連絡を取ってきた。

有紗は、あのクーデターから、環境がすっかり変わってしまってと下を向く。


「細かいことは知らないですけど、山吹さんが大変だというのは、
大輔から聞いてましたからね。まぁ、俺もサラリーマンですから、
会社が動くと、一個人などすぐに吹っ飛ぶことくらい、理解は出来ます」


司はそういうと、自分の力で前に進める祥太郎がうらやましくもあると、

笑ってみせる。


「そうですね。自分自身で何かが出来る人って言うのは、
結局、一番強いのかもしれません」


有紗は祥太郎も大輔も、自分自身で勝負しているとそう言った。


「あ、でも、緑川さんは、絶対にサラリーマンタイプですよ」

「そうですか?」

「そうですよ。緑川さんほど、似合っている人はいないと思います」


有紗はそういうと、広報に知っている人は数名いるので、

話を通すことくらいは出来ますと、

司が出した後輩の名刺をあらためて受け取りケースにしまう。

有紗は、注文したコーヒーに軽く口をつける。


「この間は、本当にすみませんでした。勝手に酔って、勝手に会を乱して」


有紗は姿勢をただし、司に向かって頭を下げた。

司はもういいですよと、コーヒーを飲む。

有紗は、近頃いかに自分がダメ人間だったかを痛感していると、そう話した。

司は、そうですかと首を傾げる。

その司の態度を見ながら、有紗は苦々しい顔をする。


「ほら、そういうところ。
そういうところが、緑川さんがサラリーマンに向いていると思うところです」


有紗は、謝罪の空気をうまく切り替えさせてくれた司に対して、

少し笑みを浮かべながら軽く頭を下げる。


「白井さんには、『ミャンマー』出発前に謝罪しました。
もう何度目ってくらい、彼には謝っていて」

「そうなんですか。あいつ、気にしてないですよ絶対に」


司は、大輔は昔から感情がとがらない人間だと、そう言い始める。


「はい、そう思います」


司は、大輔が戻ってくることは聞いたかと、有紗に尋ねた。

有紗は真帆から連絡をもらったと言う。


「また、6人で飲みましょう」

「はい……」


司は文乃から預かっている大輔からのハガキを出し、前に置いた。

有紗は、そのハガキを見る。

一緒に働くメンバーの名前、そして、その後ろになる景色を見る。


「へぇ……ずいぶん山の中なのですね。今はこんなところに」

「みたいですよ」


有紗は、新しい場所で頑張っている大輔の姿を見ながら、

自分もそろそろ道を考えるときかもしれないと、あらためて考えた。





11月の週末、9月に日本からミャンマーに旅立った大輔が、

日本に戻ってくる日が明日になった。

陽菜は夏に引っ越してしまった舞ちゃんからもらった手紙、

そして運動会での様子がわかる写真など、大輔に見せようと思うものを、

夜のうちにバッグへしまう。



『あなたの生き方を応援します』



大輔が日本を離れる前と今とで、陽菜の状況は全く正反対に変わってしまった。

瞬が出した結論を聞いた時には、情けなさや悔しさもあり、

さらに、心に穴が空いたと思えるような時間も存在したが、

今はそれさえも乗り越え、また新しい1ページを築こうという意欲もある。

陽菜は、『今の自分』を大輔がどう見てくれるのかと思いながら、部屋の電気を消した。



【27-3】

それぞれの恋の色を塗っていくと、そこに見える『Color』は……
みなさんのコメント、拍手、ポチなど、お待ちしてます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://momonta1108.blog75.fc2.com/tb.php/3284-8fdbbf6a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

momonta

Author:momonta
ただいま、怪獣2匹を飼育中の、お気楽主婦です。
日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。
著作権は放棄していません。お願いします。

ただいま、連載中!

あなたの色と私の色。6人の恋模様が生み出す『COLOR』は……
ただいま発芽室では『Colors』を連載中! こちらからどうぞ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お供、提供中!

この人は誰だろう……悩んだ時には、迷わずGO!
発芽培養所では『Colors 50音人物紹介』を掲載中! こちらからどうぞ

FC2ブログランキング

小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!

いらっしゃいませ!

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
5位
アクセスランキングを見る>>