FC2ブログ

18 思いを君に 【キャロル】 ①

18 思いを君に
18-①


その日は、悠が任せて欲しいと言ったので、車に乗ったまま、食事の場所を目指した。

海の夕焼けとは違い、生活の場所近くに戻ってくると、

車のライトと、街のライトが、どちらも必死に自分自身をアピールする。

大きな看板があり、そして、注意と記された掲示板があり、

工事現場も大きなサインがあった。

ごちゃごちゃ感が、都心だなと自然に思えてくる。


「夕食、ファミレスでもいい?」


悠は走りながら、そう聞いてきた。

私は、別にどこでもいいけれどと返事をする。


「この間、雑誌で見たんだ。A5ランクの牛肉産地から特別に仕入れて、
この期間だけ、ステーキを提供しているって話」


悠は、宮崎牛とか、仙台牛とかも、神戸牛に負けない美味しさがあるのだと、

そう話し始める。


「あ、あった……」


悠が見た看板を、私も追いかけるように見る。



『コレック』



ファミレスと言っただけなので、何も警戒しなかった。



しかも……



『並木通り店』



私が、松岡さんとのいざこざを終わらせるために、啓太が話し合いの場所として、

選んでくれた店。



啓太の……仕事場。



「さすがに混んでいるけれど、まぁ、なんとかなるでしょう」


悠は、啓太と私のことなど、何も知らない。

この店を選んだのも、本当に食べたいものがあるから。



『この店は嫌だ』



この場に来て、それは言えない。



駐車場に入っていくと、たくさんの車が停まっていたが、

悠は空いているところを見つけ、車を上手に停めていく。

サイドブレーキがかかり、ギアがPのところに行く。

エンジンが切れ、静かになった。


「行こう」

「うん……」


私は助手席から降りると、悠が車をロックするのを待つ。

二人で並ぶように歩きながら、またこの店の扉を開けた。


「いらっしゃいませ」


迎えてくれたウエイトレスは、以前と同じ制服姿だった。

待っているお客様が1組いて、私たちはその後になる。

悠が『カミムラ 大人2名』と紙に書く。

私たちは、名前を呼ばれるのを待とうと、入り口近くにある椅子に座った。


「未央、先に見ていよう」


悠はメニューを持ってくると、二人の間で開いてくれた。

自分はすぐにこれだと思うものがあったのだろう、私の方に渡してくれる。


「もう、決めたの?」

「決めたよ、さっき言っていただろ、ご当地の牛」

「あぁ……うん」


この場所が予想外だったから、松岡さんとの出来事を思い出したから、

私は、なんだかてんぽが遅れてしまう。


「えっと……2名でお待ちのカミムラ様」


メニューを選ばないうちに、名前を呼ばれ、私たちはウエイトレスの後をついて行く。

そして、どうぞと案内されたのは……



あの日と同じ、一番奥の席だった。



早く来ていてと啓太に言われ、一人でこの場所に座った日。

松岡さんが来る前に、啓太が横に座ってくれたことで、気持ちが落ち着いた。



あの日啓太が座った場所に私が座り、松岡さんが座った場所に悠が座る。



「お決まりになりましたら、お呼びください」


ウエイトレスはその場を離れると、厨房の中に消えた。

私はあらためてメニューを見ようとしたが、その目は店内を右に左にと動いてしまう。



啓太が今日、ここにいることはないだろうか。



「未央、決まった?」

「あ……ごめん」


そうだった。何か選ばないと。

私はページをめくり、小さなデザートまでがついているプレートを選ぶ。


「よし」


悠はテーブルにあるボタンを押し、ウエイトレスを呼んだ。

出てきたバイトらしき男の子は、機械を出すと、悠の言葉を聞き、

何やらペンで画面を指している。

そういえば、今は5月。

啓太が前に言っていたっけ。

バイトが入って、やっと戦力になるのが5月だと……

この男の子も、そうだろうか……


「未央、何か飲み物取ってくるよ」

「あ……うん。それなら……」



『カフェオレ』と言わなくても、いつも……



「自分で取りに行く」

「そう? なら一緒に」


悠と立ち上がり、ドリンクが集まっている場所に向かう。

私はグラスを取ると、氷を入れ、何か炭酸飲料を飲もうと、機械の前に立つ。

厨房から誰かが出てきた……



啓太……



ワイシャツにネクタイ。

啓太は店内を歩いていたウエイトレスの女の子に声をかけた。

その子は啓太と一緒に、一度厨房に入って行く。



啓太、よかった……

元気で働いていた。



「未央……」


グラスを持ったまま立っている私に気付き、悠が不思議そうな顔をする。

私はたくさんあるから考えちゃったと、笑ってみせた。



18-②




コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

momonta

Author:momonta
育てた怪獣2匹は、すっかりかわいさを無くしたため、今や『犬愛』に目覚めたお気楽主婦です。日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。著作権は放棄していません。お願いします。

発芽室、ただいま連載中!
あなただから、全てを知りたい……
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
FC2ブログランキング
小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
いらっしゃいませ!
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
4位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック