FC2ブログ

ももんたの発芽室

ももんたのつぶやきや、つたないですが、創作を掲載しています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

34 守りたい 【ブルドック】 ①

34 守りたい

34-①


新潟の中谷家。

母は、父に『私がお付き合いをしている人を連れて行く』と話してくれていた。

何も言わずに、いきなり登場というのは、確かにおかしな気がしたので、

それはそれでよかったのかもと思えてくる。

それを聞いた父は、驚きもあったようだが、年齢のこともあるし、

それほど拒絶をしている雰囲気ではなかったことも教えてもらう。



問題は、『妊娠』という事実が、そこにあること。

私たちにとって、それがどれほどかけがえのないことなのか、

それをうまく伝えることができるのか、そこが勝負になる。


「あぁ……緊張してきた」


そう、緊張してきたのは私。

啓太の良さを伝えられるだろうか、

許さないと日本刀でも持ち出されたら、逃げ切れるだろうかと、

いろいろな想像が、思考回路を妙な動きにしてしまう。

あの厳格な父が、何を言っても、どう反対しても、私の気持ちは変わらない。

私にとって、啓太は……



生きていく上で、絶対に必要な人なのだから。



駅を降り、タクシーを拾う。

後部座席に並んで座りながら、自然と手を握り合う。

啓太と赤ちゃんのことは私が守る。

そう思いながら、啓太の横顔を見ると、

『未央と子供は俺が守る』と、決意したように見える表情がそこにあった。





目の前には父と母が座り、私と啓太が横に並んだ。

啓太は自分の名前を名乗り、それからここまでのいきさつを軽く語ってくれる。

といっても、酔っ払ったままどうなったとか、そんな話ではなく、

あくまでも自分がどう生きてきたのか、体のこと、家族のこと、

今までではありえないくらい、さらけ出してくれた。

昔から、愛想のない人だから仕方がないけれど、父の表情はピクリとも動かず、

黙ったままで。


「私も啓太も、いい加減な気持ちで付き合っていたわけではないから。
だから、順番は違うように言われるかもしれないけれど、でも……これでよかったと、
心から思っているの」


望まないと決めていたけれど、心の奥底にあった思い。

お互いが気を遣うことなく、過ごせる日々が待っている。


「お父さん……」


何も言葉を発しない父に対して、さすがに横にいた母が声を出してくれる。


「未央ももう今年30です。仕事もしながら、きちんとお付き合いをしてきたと……」

「岡野君」


父が母の言葉の上に、声をかぶせてしまう。


「はい」

「今の世の中は、私には理解できないことも多いし、それが時代だと言われたら、
仕方がないことかもしれない」


父の目は、啓太だけを見ている。


「それでも、私自身、君と同じ男として、やはり不満足なことも多いのが、
正直なところだ」

「はい」

「全てを決めて、ここへ来たのだろう」


『結婚の許し』をもらうために、確かにここへ来たが、

私たちの気持ちは、その結果に左右されないところにあるのは確か。


「反対はしない。ただ……」


ただ……


「私がこうして初めて会った君を認めるには、まだ早いと思うだけだ」


父はそういうと、夕食の時間までには戻ると母に話し、家を出てしまった。

『反対はしない』という、微妙なニュアンスだけが残される。


「お父さんらしいといえば、らしいけれど」

「未央」

「あんな言い方しなくてもと思わない? 私たちは……」

「未央」


啓太が、それ以上言うなという意味なのか、首を横に振る。


「でも……」

「お父さん、未央のことをかわいがっていたから」


母はそういうと、今日は泊まっていきなさいと啓太に声をかける。

買い物に行ってくると言い、父と同じように家を出て行った。





緊張した時間を終えた午後3時。

私はあらためてお茶を入れ、啓太の前に出す。


「予想はしていたけれど……。ごめんね、啓太」

「謝るようなことではないよ。お義父さんの言うとおりだと思う。
事情があれこれあるとは言っても、こういう状態で慌てて挨拶に来ていることは、
言い訳できないし。今日、初めて会って、全てこちらの思い通りにと言うのはさ」


啓太は正座の足を崩し、しびれてしまったのか顔をゆがめる。


「しびれたの?」

「うん」


私はそれなら触ってあげようかと、指で攻撃に向かう。


「よせよ」

「だって……」


それでも本当に啓太がつらそうなので、ふざけるのはやめにする。


「父親って、ああいうものなのだな」


啓太から出てきた言葉に、私は『あの人は特別よ』と憎まれ口を乗せていく。

啓太はお茶を一口飲むと、少しだけ微笑んだ。





新潟から戻った後、啓太は役所でもらってきた『婚姻届』を渡してくれた。

それにはすでに啓太の名前は記入されていて、あとは私が書き込み、

役所に届ければいいものとなっている。

啓太はすぐに大阪へ戻り、次の休みの前に『東京』へ来ると約束をしてくれたため、

提出はそのときに一緒に出そうと決めた。



『反対はしない』



結局、父はあれから普通に食事をしたり、啓太とも話をしていたが、

『結婚』についても、『妊娠』についても、

おめでとうという言葉を出してくれることはなかった。

母は、父が私をかわいがっていたからと、どこか不機嫌な様子をそう結論づけたが、

そう思うのなら、素直に喜んでくれたらよかったのにと、

東京に戻ってきてから、少しずつそんな不満が膨らんでいく。

それでも、新しい命は、一日ずつ成長し、しっかりと世の中を見られる日が来るのを、

両手を握りしめながら待っているのだからと、『母親』としての気持ちを奮い立たせ、

今日も1日、一緒に頑張った。



34-②




コメント、拍手、ランクポチなど、みなさんの参加をお待ちしてます。 (。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

momonta

Author:momonta
育てた怪獣2匹は、すっかりかわいさを無くしたため、今や『犬愛』に目覚めたお気楽主婦です。日々のちょっとしたこと、趣味で取り組んでいる『創作』を、このブログに書いていきたいと思っています。
飲み物片手に、立ち寄ってくださいね。

なお、作品の無断転載やお持ち帰りはご遠慮ください。著作権は放棄していません。お願いします。

発芽室、ただいま連載中!
『KISE』では、お客様を満足させるため、従業員奮闘中!
ただいま発芽室では『さぁ、お気に入りを買いに行こう』を掲載中! こちらからどうぞ
恋愛小説ブログランキング
チャレンジしてみるブログランキングです。 応援のポチ……お願いします。
FC2ブログランキング
小説・文学部門に参加しています。

FC2Blog Ranking

毎日1回、ポチッとしてもらえたら嬉しいです。見えないライバル達と、格闘中!
いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロマンス
3位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック